2017.11.15 Wednesday

トマトとバジルのクッキー

0

     

    長年使ってきたおてもやんブログを辞めて、有料のものに乗り換えたにも関わらず、この更新頻度。人並みに忙しく、人並み以上に出来ないことが多い私ですから、きっと期待されていないでしょうけれど。

     

    さて、そろそろ本腰を入れて記事を書こうと思います。

    そもそも、文章は読むのも書くのも大好きな、軽い活字中毒なので苦ではないのです。中毒になったのは、子供の頃から良書に恵まれていたからなのですが、そこの話はまたの機会に。

    世の傾向から読まれる記事は「エロ」or「バイオレンス」の要素があると良いのだろうと思いますが、残念ながら私の記事にその要素はありません。だから、知る人ぞ知るブログで良いかと。

     

    先ずはタイトルのトマトとバジルのクッキーの誕生ストーリーを。

    そもそも、野菜を使ったクッキーを作ろうと思ったのは、親戚から大量の規格外野菜を貰っていたからなのです。合志市は熊本市に隣接し、企業誘致にも積極的で、どんどん開発が進む新興住宅街のイメージが強いかも知れません。しかし、実は古くからの農家さんも多い地域なのです。

    そんな中起業した訳でして(ストーリーが随分飛びましたが)親戚から貰ったトマトを使ったトマトのクッキーというものは当初からありました。その頃作っていたトマトクッキーは、生のトマトをジュースにしてそのまま生地に練りこんだものでした。

    その後、展示会に出展することになり(あー、また随分端折りました)某リストランテのMシェフに軽くその事を伝えたのです。

    すると「だったら、もっとインパクトがあるクッキーがいい」と言われ、試行錯誤し今のクッキーが出来たのです。

    この頃は飲食店、農家、有識者で作った「アルチザンクラブ」というグループに加えてもらった頃で、それまで孤独な経営者でしたが、仲間が沢山出来て楽しかった!アドバイスを貰ったり、一緒に喜んでくれたり、応援してくれたり、飲んだくれたり。Mシェフは、そこの代表でした。

    そもそも、集団が苦手で個人事業主になったものの、ちょっとは寂しかったという我がままなのですがね。ここで出会った方々とは、今ももちろん一緒に活動をしたり、農産物を分けてもらったり、プライベートでも遊んだりしています。私は偏った嗜好の傾向があり、友達が少ないのですが、ここで出会った変態仲間はとても貴重な存在です。その中に、トマト農家のHさんもいて、その頃にはそちらのトマトを使わせて頂いていましたが、Hさんの話はまた後日にでも。

     

    クッキーそのものに話を戻します。

    まず、よく聞かれる「なぜお菓子屋さんになったのですか?」という質問。

    美しく言えば「子供から年配の方まで、安心して食べられるクッキーを作りたかった。」

    言い方を変えると「もう会社勤めは無理だ。他に出来る事何かないかな。」

    そう、社会性の低い人間なのです。我慢が苦手、集団が苦手、合わせる意味が分からない。それで、起業という道を選び今日に至るのです。子供の頃からお菓子作りは好きで、家族が喜んでくれるからよく作っていました。しかし、住んでいたのは球磨郡水上村。そうそう製菓材料は手に入りません。だからレシピを見て、身近にあるものに置き換える、あるいは省くというのは、我が家では当たり前でした。

    そんなバックヤードがあったから、クッキーがオリジナルのレシピになるのは必然だったのかもしれません。乳製品、卵、添加物を使わないのは、使わなくても美味しいクッキーが出来ることを知っているから。卵、バターたっぷりのリッチなクッキーも好き。だけど、これは世に沢山あるからね。プロが居る。私の土俵はそこじゃないなと思い、100%植物性のクッキーを作るようになったのです。そして、お野菜。熊本だから、たくさんある!くまモンのほっぺはトマトだって、ついこの間知ったんですけど生産量日本一ですからね。

     

     

    そんなこんなで、クッキーを売って6年。私は毎日幸せです。集団は苦手ですが、今は7名のスタッフと仲良くやっております。ここの円満の秘訣も、後日に致しましょう。

    今日はよく書いたなぁ。

     

     

    トマトとバジルのクッキー

    原材料:熊本県産小麦、熊本県産トマト、福岡製油こめ油、熊本県産米粉、薩南製糖島砂糖、熊本県産バジル、天草塩の会の塩

     

     

    ベイクショップハヤシのネットショップはこちら→http://haha-no-omoi.com/

    リアルタイムの情報はフェイスブックで→https://www.facebook.com/hahanoomoi/

    代表林のインスタグラムは仕事とプライベート混ぜこぜです→https://www.instagram.com/nami_hayashi/

     

    ハヤシと別に仲間とやっている産前産後サポートhahanokiはこちら→http://hahanoki.net/

     

    JUGEMテーマ:プレゼント・贈り物・お祝い・内祝い・お礼にぴったりのアイテム

     

    Calendar
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    31      
    << December 2017 >>
    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM